祭りの後の静けさ

昨日でゲストのダイビングは全て終了し、

今日のダイビングは実は妻と2人。

エントリーも自由、写真も撮り放題。

誰のことも気にせず潜れる。

ピグミーも見たし、ハナゴンベが浅い所にいる所も見つけたし

GTも見たけど、

何か物足りない。

ショップでのお手伝いを終えて宿に帰ると、

テーブルの上にはゲストの皆さんが残して行かれたスナックやおつまみが寂しそうに並んでいる。

明日は自分たちも朝一番で島を出る。

今年の祭りも終わったなと。

ふと寂しく思った。

皆様、今年も有難うございました。また、伊江島で潜りましょう!

是非、ご一緒させて下さい

久々の夜桜

SDIM6577s SDIM6595monos SDIM6596s明日から荒れると聞いたので

ご近所さんと一緒に久々に夜桜見物に行って見た。

城山公園。

空いててよかったし、

中々見応えがあった。

暫くすると、

向こうから、見たようなアベックがやってきた。

友人のSさん夫婦である。声を掛けると、向きを変えてどこかへ行こうとした。こちらの人数が多かったので、怪しい団体と思い、からまれると思ったようである。

明るいところで誤解も解けて、みんなで爆笑した。

人数が増えて更に怪しい団体っぽくなった。

使用機材:DP1merill

 

 

3/7初サーフィン

SDIM2507ツアー最終日は潜れないので

ゲストのKenjiさんがサーフィンに誘ってくれました。Kenjiさん滅茶うまいです。初体験の私とM君が波に乗れるように教えて、後ろから押してくれました。

写真はKenjiさんとM君。

 

親子のようでした。

ダイビングの難易度は、スノボと比べものにならないほど高いと思いました。

石油ストーブの換え芯取り付け

ストーブ石油ストーブが何だか燃やしていると臭うようになってきたので、芯を交換してみた。

ストーブはニッセイ YC-S24A。

検索すると、替えしんの型番はP-A65Wと分かる。色々調べて、恐らくはモノタロウが最安と確認。しかし送料込だとAmazonかも。他のものも一緒に注文して、送料無料にして取り寄せた。

とても親切な取扱説明書があるので、作業は30分弱位だろうか。ついでに中の掃除もしておいた。

組上げて30分後、着火しようとしたが、着かない。どうも点火ヒーターが死んでしまっているようだ。仕方なく、直接着火すると、気持ち良く燃焼。臭いも無くなったよ~ん。

あとは、点火ヒーターを換えれば完璧。純正はニッセイ 石油ストーブ用点火ヒータ(平型) PNS-S234でAmazonで送料込1253円だが,SHARP純正パーツ石油ストーブ用点火ヒーター 2756230015(下のリンク)と同じものらしく、そちらは送料込780円。これだな。ま、そのうち替えよう

いやー、どうなるかと思いました

IMG_00960820112022201千屋から芋原へ抜ける林道、と言っても2車線の立派な道路、そこを通ろうと思いました。

3月だし、雪の心配は全くしてなかったわけですが、まあスタッドレスつけてるし、大丈夫でしょうと行ったわけです。

案の定、少し行ったら道路が冠雪。運転手は妻。「こーゆー時は一気に行かなあかんで」。と私は言ったものの、勢いを余り十分付けられずに行った妻は即スタック。スタック後アクセルを踏み始める。「意味無いって。変わろう」。で私に交替。バックして勢いつけてから問題なく乗り越えると、次に現れたのは落石群。

それもまあ、避けるだけなんで、問題無く通過。雪はその後も所々、残っていてその都度乗り越える。で、次に直面したのがこれ。普通の勢いでは無理だなと、思いっきし加速して突っ込むも、敢え無くスタック。「しゃーないな~、引返すか」と思ったものの、バックで下がれない。「お、カメか?」車を下りて見ると、勢い付けすぎて、雪が圧雪されて車が浮いている。参ったな。で、車の下の雪を除雪し始める。道具はこれだ。これしか車に積んでない。余りにも非力だ~。取っても取っても変わらんぞ~。最近買った革靴はグショグショになり、除雪すること1時間半、心が折れそうになりながら、妻に手伝って貰って何とか脱出。簡単に言ってますけど、色々工夫したんですよ(笑)。歩いて下山も覚悟してましたけど、何とか脱出できました。この度は本当に色々学べました。無事に帰られて感謝です。

 

キセキレイ

kisekireis

 

 

 

 

 

今住んでいる家の集合ポスト

その横に家主さんの自転車が置いてある。

そのカゴに、キセキレイが営巣し、卵を産んだ。

毎日1個ずつ5個。それを抱卵中。

最初は近付く度逃げていたけど

少しずつ慣らして、今は逃げない。

家主さんも自転車に乗るのを我慢している。

何とか無事に孵して、巣立ってほしいものだ。