6月末~7月頭、至福の伊江島ツアー

オホバ・大洞窟
オホバ・クレバス
オホバ・ハーフ
カナン崎ドーム
ワジにて
オトヒメウミウシ
ナイトにて
ゴマハギ幼魚
ワジのハマサンゴ
ナイトにてミナミハコフグ若魚
コモンヤドカリ@night
テングカワハギ@night
オホバ・ハーフ
メレンゲウミウシ

ガイドしながらなのでカメラを持ってないことも多かったのですが、海況も透明度も良く、最高の一週間でした!

2022秋の沖縄ツアー10/19,20伊江島にてスクール&FUNDIVE

伊江島滞在の2日間で、FUNとスクールを楽しめました。スクールも無事終了です。南の癒し系ポイントは楽園でした!

私のカメラはディスプレイが壊れたので、撮っていただいた写真です。

海の様子は動画で見られます(kinさん親子提供)。

シーモンキーの皆様、お世話になりました!ゲストの皆様、本当に有難うございました!

2022秋の沖縄ツアー10/18本部・ゴリラチョップにてスクール&FUNDIVE

風が強く他所は結構荒れていましたが、ゴリラチョップは穏やかでした。沖縄各所からショップが来ていて駐車場は満杯です。OW講習を行いましたが、皆さんお上手でした。ブランクダイバーの方も一緒に練習しました。(写真提供:kinさん)

午後からはFUNDIVEです。サンゴもびっしりでサンゴ食のテングカワハギも増えています。(写真提供:Yさん)

沖に行くとグルクマーの捕食シーンも見れました。見ごたえありますね。こちら↓

夜はホテルで美味しい物を食べて飲んで、翌日から伊江島で続きです!

2022秋の沖縄ツアー10/17伊江島にて3DIVE

1本目:漁礁 

離れ根に行ってハダカハオコゼの紫を見てきました!

漁礁すぐそばの大きなテーブルサンゴ群も復活してました!

2本目:パッチリーフ

冬の鉄板ポイントです。ほんとに綺麗でした。

イトヒキフエダイもいました!

最近増えてるみたいですけどめったに見ないですね。

ウメイロモドキも可愛かったです。

それにしても魚影が素晴らしかったです。

ゲスト提供の動画もあります!↓こちらhttps://www.youtube.com/watch?v=1rdvrLa8wP0

3本目:大口(うっぷぐち)

港を出てすぐのポイントです。自分が島にいた頃は修旅ポイントとも言っていました。修学旅行でよく使っていたので。セジロクマノミがいたり、

地形も結構楽しめたり

サンゴも復活しているので、水深は浅いですが、とても盛沢山なポイントです。伊江島の冬の南側ポイントも、捨てたものではないですね!とても楽しめました。

2022沖縄ツアー 伊江島編②

6/12は午後から1DIVEだけ行きました。シーモンキーズのログでご覧ください。

シーモンキーズの伊江島ダイビングログ:6/12 (livedoor.jp)

6/13(月)はゲストのYさんが島に来てくれました。3DIVEです。東海岸のオホバ三昧でした。今回の沖縄ツアー、ファイナルです。

1本目:ハーフ 2本目:大洞窟 3本目:クレバス

1本目は流れが強く、余り移動できませんでしたが、亀は出てくれました。ゲストのお写真です。

あとはシーモンキーズのログでどうぞ。
シーモンキーズの伊江島ダイビングログ:6/13 (livedoor.jp)

オマケ

ゲストが撮って下さった私の写真です。クレバスを出た所のイソギンチャクとクマノミを撮っています。

オホバは浅瀬のサンゴもとても綺麗です。

2022沖縄ツアー 伊江島編①

6/11から伊江島で潜りました。その間シーモンキーズのブログは私がUPしました。6/11はこちらです。
シーモンキーズの伊江島ダイビングログ:6/11 (livedoor.jp)

初日11日は雨が酷く、回復を待って昼食後2本潜りました。1本目は師匠のこーちゃんが私一人連れてガイドしてくれました。二人で潜るの何年ぶりだろう…。ま、そもそもコロナで何年か来れて無かったけど(笑)。ポイントはオーロラです。最大水深:43.5m av.13.9m 潜水時間42:44 43.5m迄行くときアケボノハゼか何かをみるためだろうなぁと思いながら付いていきましたが、あとで聞いたらやはりそうでした。

仕方無くサロンパス君を撮ったのですが前を向いてくれませんでした(^_^;)

気を取り直して浅瀬に向かい小物ちゃんたちを撮りました。シーモンキーズのブログに載せたキイロウミウシやミゾレウミウシ、クロヘリアメフラシなどなど。

ミゾレは特に多かったです。
ここに何匹いるか分かりますか?

こちらで拡大できます↓。

http://www.3ddive.com/blog/wp-content/uploads/DP3M0223.jpg

答え:3

この後、こーちゃんが再度少し潜ろうというので28mの所まで行って、

これまた団体さんを撮ってきました。

シンデレラです。
さて何匹いるでしょうか?
2ですね。

ここに写っていませんが実は横にもう一匹いました。

この子は歓迎してくれてますね~。 http://www.3ddive.com/blog/wp-content/uploads/DP3M0252.jpg

この後のんびり浮上。カスミチョウチョウウオの乱舞なども綺麗だったのですが、DP3Merillに慣れてなくてピントがマニュアルで全然合わせられませんでした( ;∀;)。

2本目は小洞窟、大洞窟周辺を潜りました。良く行くポイントなので、よく見る魚を撮ってみました。

アカハタ。インスタにも上げたと思います。http://www.3ddive.com/blog/wp-content/uploads/DP3M0289.jpg                           

ヘラヤガラ。 殆ど真面目に撮ったことがないな(笑)

オウゴンニジギンポ。 名前はゴージャスだけど、普通種。

初めて見た時は感動したなぁ。

そしてハナビラクマノミ。これも名は体を表す綺麗な魚だけど、普通過ぎて真面目に撮ったことないです。

かくしてのんびり楽しんだ 44分23秒でした。最大水深26.4m av.14.8m

6/12へ続く





2022沖縄ツアー 沖縄本島編

今回の沖縄ツアーは講習に合わせて行ったので、梅雨真っ只中になりました(^_^;)。6/8-10は沖縄本島で、11-13は伊江島で潜りました。

8-10は恩納村のリゾートホテル滞在で、毎日1ダイブという、実にまったりしたプランでした。ゲストも体験1名、ファン1名だけで、アポガマというポイントだけ調査も兼ねて潜りました。

  エントリーすると、浅い水深から綺麗なサンゴが続いています。 コロナの間に随分復活したのでしょう。
  
  結構な距離移動して、ここからエントリーします。ゲストはYさんです。
 

 


綺麗な風景が続きます。







ネムリブカが居そうな穴を見つけました。
本当にいました。
2回この穴に行って2回ともいました。
残念ながらなぜかカメラを絞り優先オート設定にしてて、
激遅シャッタースピードでブレブレ( ;∀;)


 
これもブレブレ…
 



比較的浅い水深にいるハナゴンベもブレブレ
気を取り直しハタタテハゼ。慣れているのかすぐには引込みません。3日間同じ個体を見ました。
マクロ系も楽しめました。ゾウゲイロウミウシ
お、ほら貝発見! 勿論この後戻しました。
地元のショップによると、亀を見られることも多いらしく、中々のポイントでした。ネムリブカの穴にはご案内できると思いますが、如何せん、陸エントリーなので陸上も水中も移動が多く、体力を消耗します。若い元気な人向けですね。私たち老体にはボートが良いですw。行けと言われれば行きますが(^_^;)
翌日から伊江島にて講習&FUNダイブです!近々アップいたします。

2017伊江島ツアーその3 DP2x新ユーザーの写真

SDIM3747SDIM3702SDIM3693
私がシステムをDP2Merillにしたことに伴い、DP2xを妻が使っています。

元々、フィルムで一眼を使っていたので、基本的な操作はお手の物です。

置きピンでの撮り方を指導したら、上手に撮れていました。SDIM3704 SDIM3706 SDIM3738 SDIM3742
その中の幾らかをupします。

変な構図はご愛敬ということで(笑)

2017伊江島ツアーその2 オホバ・クレバス

_SDI4115クレバスも2回行けました。

エントリーして竪穴から入って

横に抜けて

 

 

SDIM3761こんな感じで

みんなで出ます。

東にどんどん移動して

浮上を始め

 

 

_SDI4119浅い所に

ケラマハナダイとか

沢山います。

 

 

SDIM3766

ケラマハナダイ、婚姻色です。

 

 

 

SDIM3770

 

エントリーポイント近くもとても魚影濃く

 

 

_SDI4127

 

ドリー、可愛いですね。

 

 

 

 

SDIM3768

セダカギンポが

隠れてますけど

出てくるまで待てず

粘り負けです。

 

 

ところで、DP2xの写真とDP2merillの写真が混在してますけど、お判りになりますかね~。

 

 

 

 

2017伊江島ツアーその1 ワジ

_SDI3868今回のツアーではワジに一番潜りました。

ハマサンゴはいつも荘厳です。

ホソカマスも写っています。

 

_SDI4090 _SDI4093 _SDI4105 _SDI4109

その手前にいるハナビラクマノミ

 

 

 

 

遠くに大きな影が見えたので追ってみるとこの子!

 

 

 

 

サザナミヤッコの手前の子見えますか?

 

 

テングカワハギです。

この辺りで2ペア見られました。この子たちはサンゴ食なので、サンゴが元気な証拠です。

_SDI3881

 

 

 

 

ハマサンゴの傘は9mありますから、その下にも色々な生き物がいて、この子は2日連続で同じ場所にいましたが3日目にはいませんでした。アカテンイロウミウシ。

 

_SDI4113

それから、

左の写真のような

水路を少し入って

水深を上げていくわけですが

安全停止の間にも

可愛い子はいるわけです。

それがこの

 

SDIM3716モンツキカエルウオ

結構綺麗に写せました。と言っても、この子はAkiraさんが見つけて妻が撮った写真です。

自分が撮ろうとしたらもう出てきませんでした。残念!